京都円山料亭「東観荘」監修黄金重 松寿千おせち口コミと評判

            

元旦は新たな年がはじめる節目の日であり、365日の中でも特別な日となります。
そこで食されるおせち料理にはさまざまな意味が込められており、例えば数の子なら子宝に恵まれるように、田作りなら豊作を願うといったことがあります。
しかし、こうしたおせち料理は年末年始の忙しい時期に行うには困難となり、最近では手作りよりもパッケージングされているものが人気となっています。
ですが、せっかくの願いを込められた料理ですので手作りのものを用意したいと考えているかたも少なくありません。
そこでおすすめしたいのが、京都円山料亭「東観荘」監修黄金重 松寿千です。
京都円山料亭「東観荘」監修黄金重 松寿千は、京都の人気料亭である東観荘の料理長が監修した本格的なおせちとなっており、その品数は48品目という大容量となっています。
重箱は黄金に輝く豪華仕様で3段重ねという見た目も中身も非常にボリュームのある芸術品といってもよい仕様となっております。
数年に一度はこうした豪華なおせちを家族で召し上がるのもよいのではないでしょうか

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です