京都円山料亭「東観荘」監修高級重 宝寿千おせちの特徴

            

日本の仏教の世界で1月1日の元日を祝う料理として、神様の五穀豊穣そして健康を祈願する目的でおせち料理を食べます。近年ではただ作られるおせち料理を食べるのではなく、せっかくの晴れの日だからこそいつものおせち料理よりも豪華なおせち料理のニーズが増えているのです。その豪華なおせち料理に老舗料亭が作るおせち料理が望まれていることによって、その老舗料亭の一つにある京都円山料亭「東観荘」監修高級重 宝寿千のおせちが人気となっています。その京都円山料亭「東観荘」監修高級重 宝寿千のおせちの特徴としては、京都の料理は日本全国の料理の根底にある素材の味を重視し引き出すことを念頭に置いた調理をすることを150年の歴史の中で積み重ねた技術が京都円山料亭「東観荘」があります。その150年の歴史の中で全国各地の厳選素材や山のマツタケそして海では深海の高級魚ノドグロやアワビそしてイセエビなどをふんだんに使いながらさらに海外の珍味であるフォアグラやキャビアなど素材の味を引き出すように調理しそれを3段も重ねていることが人気となっているのです。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です