とんでん おせち2019口コミと評判・予約時の注意点は?

            

osechi

 

販売歴33年目になるとんでんおせちは毎年人気のあるおせちです。

毎年、改良に改良を重ねてきたおせちが今年2016年も発売されています。

>>とんでんおせち詳細はこちら

 

とんでんおせち2016年の特徴

今年のとんでんのおせち料理は、カニ、あわび、つぶ等 北海道産にこだわった充実した内容になっています。

とんでんのおせちは、冷凍おせちではなく生おせちですので、北海道から直接届けてくれます。

宅急便でご自宅に届きしだい食べることができます。

 

とんでん北海道産のこだわりの素材

とんでんのおせちは北海道、アラスカやカナダなど鮮度にこだわったおせちで有名です。

osechi

・北海道産味付けいくら(地元北海道で水揚げされた鮭のいくら)

・北海道産毛ガニの甲羅詰め(ミソと身を分けてお届け)

・北海道産たこの柔らか煮(北海道増毛町で水揚げされた水だこ(100%)。旨みと柔らかさが美味。

・北海道産つぶの生生姜煮(北海道東産の新鮮な灯台つぶを生姜で煮た逸品※だしに利尻昆布を使用)

・北海道産ホタテ(北海道サロマ湖で獲れた新鮮な帆立貝)

・天然紅鮭(アラスカで貴重で最高級の脂の乗った紅鮭)

・ズワイガニ爪肉(カナダ産ズワイガニの爪肉)

・北海道産あわび(北海道後志、桧山管内の日本海で育ったあわび)

・新鮮資材(鯛の姿焼き(魚醤)・数の子・丹波黒豆・紅白蒲鉾・栗きんとん・梅花紅白餅・ようかん・二重わらび・田作り(くるみ入り)・三色なます(日向夏入り)・味付煮海老・合鴨スモーク・鰊昆布巻・伊達巻・豚肩ロースハム(パストラミ)・葉付金柑・柿バター・煮物

 

とんでんおせち予約時の注意点

とんでんのおせちは、2段から3段のおせちが多く入っており、海老、かに、など豪華な逸品が数多く入っております。

毎年、11月中には完売しており、今年も人気がでることが予想されますのでお早めに予約が必要です。

 

>>とんでんおせち詳細はこちら

とんでんのおせちをたのみました

お正月になるとだいたい家庭ではおせち料理を食べるかと思います。
私の家族は元旦におせち料理を食べるのですが私が看護師として勤務しているととても忙しくて夜勤などもあり、ゆっくりとおせち料理などを作る時間がありません。
そのためインターネットで最初から作られているおせち料理を購入して家族に食べさせてあげようと思い購入することにしました。色々あるなかどのサイトで注文しようかと迷っていると仲の良い友人から、とんでんという通販が良いとオススメされました。そこでとんでんの、三段重、とんでんを注文しました。
クール便で届き、値段は27,000円になります。届いたおせち料理を見てみると、毛ガニ、あわび、ホタテ貝、いくら、水たこなど北海道の新鮮な食材を使っていました。カニも大きいし、自分ではなかなか、こんな料理作れないので注文してみて本当に良かったと思いました。家族達も美味しいと言っていました。

北海道らしいおせちをお正月は味わいたいと思い、とんでんのおせちを注文しました。

北海道生まれで今は北海道に住んでいますが、以前夫の仕事の関係で関東に住んでいたことがあり、その時に北海道らしいおせちをお正月は味わいたいと思い、とんでんのおせちを注文しました。

とんでんの工場は北海道の恵庭市にあり、とんでんのおせちは北海道らしい食材が多いのが特徴だと思います。デパートで買う様な豪華で繊細なおせちとは異なり、タラバガニ、鮭の焼き物、真つぶ、昆布巻きなど北海道ぽい食材がメインで盛り付けてあります。

お煮しめなどは量が多めで豪快です。北海道は元々おせちを大晦日から振る舞う習慣があり、お煮しめなどは鍋一杯に作り、重箱から無くなるとどんどん継ぎ足していくので、これぐらいの量は丁度馴染みます。味付けは老舗のお店やホテルのおせちよりも若干濃いめかもしれません。

一つ一つの料理の大きさも大きいと思います。なので一般のおせちよりも食材は少ないかもしれませんが、これは、おせちがスカスカと言うことでは無く、一つの食材のボリュームがあると言うことです。北海道らしいおせちを楽しみたいならとても良いおせちです。

関連記事

; ?>

One Comment

  1. webmaster 2015年10月8日 Reply

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です